デリケートゾーンの悩みMemu

デリケートゾーンのにおいがひどい…どんな病気の可能性がある?

更新日:

『デリケートゾーンのにおいがひどい!かゆい!』という悩みがある方は結構多いそう。

どうしてにおったり、かゆくなったりするか原因を知ってる方は少ないんじゃないでしょうか?
このにおいやかゆさの原因はほぼ『雑菌の繁殖』です。

特に生理中はナプキンをつけることでどうしても蒸れやすい環境になってしまい、においもきつくなりがちです。でも、生理中のデリケートゾーンのにおいやかゆみは病気ではないので、ナプキンやこまめに替えたり、デリケートゾーンを清潔にすることで症状が治まってくることがほとんどです。

『生理が終わっても変なにおいがする』
『デリケートゾーンを清潔にしてるのにかゆい』

そんな時はもしかしたら病気の可能性も…

デリケートゾーンのにおいはどんな病気の可能性がある?

デリケートゾーンのにおいやかゆみが症状として現れてくる病気として、カンジダ腟炎・トリコモナス・クラミジア・細菌性膣炎などがあります。
デリケートゾーンの病気ときくと「性病」を想像しがちですが、セックスの経験がなくても炎症が起きたり、症状を引き起こしてしまう病気もあります。
では、ひとつひとつ症状と治療方法をチェックしましょう。

カンジダ腟炎

膣カンジダ症や性器カンジダ症とも呼ばれているおりもの異常の病気です。
カンジダ腟炎は性病ではないため、セックスを全くしたことがない人やセックスをしばらくしていない人でも発症しやすいのが特徴です。

膣の中には常在菌のカンジダ菌が生息しています。
カンジダ菌は弱い雑菌で、ある一定数を保って生息していますが、体調不良やストレスで抵抗力が弱っていたりすると菌のバランスが乱れ、カンジダは異常に増えてしまいます。
増えすぎたカンジダ菌は強い雑菌になり、膣カンジダ症を引き起こしてしまうんです。

症状

カンジダ腟炎の症状は、まず、おりものの異常によって異臭がすることです。
おりものは、ヨーグルト状のものや酒粕のようなポロポロしたものが多く、色は白~黄緑色です。
においは、生臭いような、腐敗臭のようなにおいがします。
正常な膣からはまず出てくるはずのないおりものなので鏡で確認したり、ティッシュなどでおりものを拭き取ってにおいをかいでみるとすぐわかります。
カンジダ腟炎のもうひとつの症状が外陰部のかゆみです。
じっとしていられないほどのかゆみやかゆみを通り越して痛みを感じることもあります。

治療方法

軽いカンジダ腟炎は自然治癒することがありますが、重度のカンジダ腟炎は自然治癒を待つ間に症状がより悪化することがあるので、病院で治療してもらいましょう|ω・`)b
治療方法は膣内を水で洗浄し、抗真菌薬の膣剤を膣の中に入れます。
膣剤は1度入れると1週間効果があるもの、1日1錠を継続的に入れていくタイプがあります。

経験者は語る

私はどちらも経験しましたが、1錠で1週間効果のあるタイプの方がかなり楽でした。
でも、ひどいカンジダの時は毎日病院に通い1日1錠タイプで毎回綺麗に洗浄してもらい治療したので、症状の収まりも早かったように感じます。

そして外陰部の痒みがひどい場合は、抗真菌薬の塗り薬が処方されます。
かゆいからといって、手元にあるステロイド系の薬やオロナインなどを塗ってしまうと症状がより悪化してしてしまう可能性が高いので、自己判断で薬を塗ることはNGです。

トリコモナス腟炎

トリコモナス腟炎は、腟トリコモナス原虫の寄生が原因で起こります。
尿道や膀胱にも感染することがあるため、腟炎以外にも多くの炎症を合併してしまう可能性があります。

トリコモナス腟炎は、カンジダ腟炎と症状は非常に似ていますが、違うのはトリコモナス腟炎の感染経路のほとんどがセックスからです。
性行為以外には衣類やタオルによる感染もありますが、セックスほどの感染力はありません。

症状

トリコモナス腟炎の主な症状は、悪臭の強いおりもの・泡状になったおりものが増えたり、外陰部のかゆみなどがあります。

治療方法

トリコモナス腟炎の治療方法は、カンジダ腟炎と同様に腟洗浄を行います。
腟洗浄後に、腟剤を入れる場合やメトロニダゾール・チニダゾールの内服といった処置がされます。
(トロニダゾール・チニダゾールの内服は妊娠12週以内はできないことになっています。)

また、母乳育児中も薬剤が母乳を通して赤ちゃんへいってしまうので授乳もできません。

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという寄生微生物が性器などに感染することが起こります。
感染原因はセックスやディープキスなどの粘膜感染がほとんどで、女性は特に膣内での感染が多いです。

症状

性器クラミジア感染症は症状としてはおりものの増加がありますが、感染しても気がつかないことがほとんどで、感染者の80%は無症状といわれています。

治療方法

性器クラミジア感染症の治療方法は婦人科などで体液を採取し、性器クラミジア感染症かどうか確認します。
その後、感染が確認された場合は、テトラサイクリン系、ニューキノロン系、マクロライド系の抗生物質などが処方されます。

自然治癒はしない。早期発見が重要

軽度のカンジダ腟炎は自然に症状が治まることがまれにありますがほとんどの場合、自然治癒はしません。
最初は軽かった症状も時間と共に悪化してしまい、治療に時間がかかる結果になることもあります。

そうならないためにも、デリケートゾーンのにおいやかゆみ、おりものの異変を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

掻きむしってしまったことによる黒ずみはケアすれば改善する可能性が高いので、デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は下記のページもチェックしてみてください。

>>デリケートゾーンの黒ずみクリームおすすめ10選

-デリケートゾーンの悩みMemu

Copyright© デリケートゾーンの黒ずみクリームおすすめ10選!あなたはどれ派? , 2018 All Rights Reserved.