デリケートゾーンの悩みMemu

このおりものって異常!?におい・量・色でわかる身体のサイン

更新日:

おりもの自体は女性なら誰でも分泌されているもの。
でも、「量が多い」「においが変」そんな時はおりものに異常が起きている場合も!

簡単なセルフチェックとして、正常なおりものと注意したいおりものについてまとめてみました。

正常なおりものってどんな状態?

おりものは、膣内に雑菌などが侵入しないように防ぐ働きがあります。
おりもの自体は、膣内や子宮の出口で作られる粘膜や分泌物が混ざった分泌液です。

正常なおりものは、透明や白っぽい色をしていて、下着やおりものシートに付着して乾くとクリーム色になることがほとんどです。
においも、腟の中は酸性なので少し甘酸っぱいようなにおいがしてしまうのも仕方ないことです。
正常なおりものといっても、個人差が大きく、特ににおいに関してはかすかににおう人~それなりににおう人まで幅広くいます。

問題のないおりもの

正常なおりものと、「におい」「量」「色」が違っていても特に問題のないおりものもあります。
女性が特に不安になるおりものが、「排卵期のおりもの」と「性行為後のおりもの」です。

性行為後のおりものの異変は、性病の不安などもあり病院への来院も多いのだそう。

では、排卵期のおりものとはどんな状態なのか、性行為後のおりものはどんな状態なのか、具体的に紹介していきます。

排卵期のおりもの

排卵期のおりものは、女性ホルモンの変化によってドロっとした粘り気のあるものが分泌されることがあります。
排卵直前のおりものは卵白のように見え、指でつまむとネバっとしていてスライムのように伸びます。

また、おりものに少しだけ血が混じる「排卵出血」もありますが、排卵出血も排卵期特有のものなので特に問題はありません|ω・`)b

性行為後のおりもの

性行為後のおりものは、性的興奮によって通常時より分泌物が増えたり、腟の自浄作用が強くなることでおりものの量が増えることがよくあります。
こちらも排卵期のおりもの同様、特に問題がないおりものです。

ですが、性行為後のおりもので「におい」「色」「量」の異変が続く場合は性感染症に疑いも。
どんなおりものには注意が必要なのか、次の項目で詳しく見ていきましょう。

こんなおりものには注意

次は、注意が必要なおりものについて見ていきましょう。特に出血を伴うおりものには要注意です。

魚が腐ったようなにおいがする

膣内で雑菌が繁殖してしまっていたり、異物が入っている可能性があります。
生理中にタンポンを使っている女性はタンポンの抜き忘れなどでもこのような症状が起きることがあります(; ・`ω・´)

病気としてあげられるのはカンジダ膣炎です。カンジダ膣炎は性病ではなく、自分自身の持つ細菌によって起きる症状です。
ポロポロしたおりものが特徴的で、軽度のカンジダ膣炎であれば自然治癒することもありますが、症状がひどい場合は自然治癒することはほとんどないため、病院で適切な処置を行ってもらいます。

水っぽいおりものが止まらない

水っぽいおりものが長く続く場合は性感染症のひとつ、クラミジアに感染している可能性があります。
クラミジア炎症がひどくなり、卵管まで広がってしまうと不妊の原因になることも。

また、クラミジアではなく卵巣のう腫も同じように水っぽいおりものが続く症状です。放置しておくと症状の悪化に繋がるので、異変に気づいたら病院へ行くようにしましょう。

血液が混ざっている

おりものに多量の出血が混ざっていると不正出血の可能性があります。
排卵期のおりものにも少量の出血が混ざることがあり、不正出血と見分けがつきにくいこともあります。

不正出血が起きていると、子宮がんや子宮頚がん、クラミジア頚管炎などの病気の場合もあります。
おりものに血液が混ざっているパターンは他の症状よりも心配です。おりものに多量の鮮血・茶色の血が混じっている場合は早めに受診しましょう。

自己判断は危険!異常を感じたら婦人科へ

おりものの異変を自分で判断するのは難しく、放置すると悪化することも多いため自己判断は危険です。
上にあげたような異変がある場合や気になる症状がある場合は、婦人科で検査してもらうことが大切です。

『初めてのおりもの検査、どんなことをされるか不安』
そんな不安を少しでも減らすために、病院に行く前にあらかじめどんな検査方法なのか知っておきましょう。

おりもの検査ってどうやるの?

婦人科でのおりもの検査は、膣分泌物検査ともいわれます。
検査の方法は、疑いのある病気の種類によって異なり、カンジダやトリコモナスなどの症状は顕微鏡検査、クラミジアなどはDNA検査で感染しているかどうか検査します。

どちらも膣内の分泌液を採取し、病気の有無を調べます。検査の結果はすぐわかるものから数日かかるものまでありますが、内診自体はすぐ終わるので、「どうしよう…病気かな?』とずっと不安に思うよりは、思い切って病院で診てもらった方が安心できますね。

免疫力アップで、おりもののバランスを整えよう

おりものは、女性の健康パラメーターでもあります。
身体の抵抗力が落ちていれば、おりもののバランスも崩れやすくなってしまうんです。身体の免疫力は、ストレスや疲れ、風邪などで低下しがちです。

免疫力が下がると体内にある菌のバランスが崩れてしまい、普段悪さをしない菌が悪さをしだすことも!
ストレスをためすぎない生活、風邪をひかないように手洗いうがいの徹底など日ごろから気をつけておりもののバランスを整えましょう。

-デリケートゾーンの悩みMemu

Copyright© デリケートゾーンの黒ずみクリームおすすめ10選!あなたはどれ派? , 2018 All Rights Reserved.