vioの脱毛と黒ずみ

脱毛Menu

【教えて】vio脱毛で黒ずみは消える?痛い?光とレーザーどっちがいい?

更新日:

せっかくVラインを脱毛するからには、デリケートゾーンの黒ずみも一緒に消し去ってほしい!と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで!
「vio脱毛で黒ずみを消し去ることは可能なのか」をずばりお答えいたします!

いきなり希望を壊します!vio脱毛で黒ずみを消し去ることは『不可能』です

vio脱毛で黒ずみを『直接』消し去ることは不可能です。
vio脱毛はピーリングのように肌上部の古い角質を取り除くことはできません。
あくまで取り除くことができるのはvio脱毛に反応する「黒色の毛」だけです。

しかし、直接的に黒ずみを消し去ることが不可能でも、vio脱毛によって黒ずみの原因となる「アンダーヘアの自己処理による刺激」や「アンダーヘアによる蒸れ」を減らすことができます。

いくら黒ずみケアのお手入れを頑張っても、アンダーヘアがあるとケアクリームやピーリングジェルの浸透を妨げてしまいます。
vio脱毛でアンダーヘアを取り除くことは、黒ずみ予防や黒ずみ改善に効果的なんです。むしろ必須。

vio脱毛の方法はどんな種類がある?


複数の波長を含んだ光で照射する”光脱毛”と1か所に集中的に熱を集めて照射する”レーザー脱毛”があります。
光脱毛は、医療行為に当たらないためエステサロンで施術でき、レーザー脱毛は医療行為に当たるためクリニックのみの施術となります。

vio脱毛のデメリット(黒ずみver.)

光脱毛、レーザー脱毛ともにアンダーヘアを取り除くことができます。
vio脱毛を行うことでアンダーヘアがなくなり黒ずみへのメリットもありますが、デメリットも多数あります。まずはデメリットからみていきましょう。

『え!こんなに黒かったの?』脱毛すると黒ずみが目立つ。

脱毛することでいままでアンダーヘアに覆われ、それほど目立つこともなかった肌の黒ずみが目立つようになります。
vio脱毛をして初めて自分のデリケートゾーンの黒ずみのひどさに気づく人も。

黒ずみがひどい場合はサロンから『お断り』も。

vio脱毛は黒い部分に反応して毛を除去します。
黒ずみがひどい場合はvio脱毛を行う装置が黒ずみ自体に反応してしまう可能性があるため、サロンから施術を断られることも。
「自分は黒ずみがひどいかも」と思う人は、トラブルを避けるためにも脱毛前に少しでも黒ずみをケアしておきましょう。

vio脱毛のメリット(黒ずみver.)

vio脱毛による黒ずみへのデメリットを何個か紹介しましたが、メリットもたくさんあります。ここからはvio脱毛による黒ずみへのメリットをみていきましょう^^

黒ずみの原因になっていた刺激を大幅に減らすことが出来る

デリケートゾーンの黒ずみの原因は肌への刺激がメインです。
vio脱毛を行い、アンダーヘアを処理することで、下記のようなダメージを大幅に減らすことができます。

  • 毛抜きやカミソリでの自己処理ダメージ
  • 生理や夏場の蒸れダメージ
  • 剛毛による摩擦ダメージ

邪魔な毛がないのでケアしやすい

自宅でできる黒ずみケア方法として、黒ずみ専用のクリームやジェルを使用しますが、アンダーヘアがある状態でケアをしてもクリームやジェルがしっかり肌へ浸透しないことがあります。
vio脱毛を行うことで、アンダーヘアに邪魔されてしっかりと肌まで届いていなかった有効成分がしっかりと肌へ浸透するので、黒ずみ改善へのスピードも断然早くなります。

目に見える黒ずみをケアだけがすべてではない。

黒ずみは目に見える肌表面以外にも肌の内部にも潜んでいます。
vio脱毛を行うことで今現在肌の表面にある黒ずみケアはもちろん、肌内部で新たに生成されてしまう黒ずみ予備軍も予防することができます。

光脱毛とレーザー脱毛の違いは痛み?!メリット・デメリット

デリケートゾーンだからこそ自分の肌や予算にあった方法で脱毛したいものですよね。
ここからは光脱毛とレーザー脱毛のメリット・デメリットについてみていきましょう!

光脱毛

メリット

エステサロンの多くで取り入れられていて、身近な存在。
光脱毛は複数の波長を含んだ光で照射するので広範囲の脱毛に効果的。
痛みが少なく、光の波長が長いので脱毛による火傷のリスクも少ない。
レーザー脱毛のように1点に収束する光ではないため、漏れ出た光が万が一目に入ってしまった場合の危険性も低い。

デメリット

エステサロンで行える光脱毛は、医療行為には当たらない出力レベルまで下げて施術しているため、永久脱毛ほどの効果はない。

施術費用・期間

費用はエステサロンによってばらつきがあり、平均すると9万円前後。
毛の周期に合わせて10回ほどの照射が必要なため、2~3年ほどサロンへ通う必要がある。

光脱毛のおすすめポイント

1回の施術時間が短いので仕事帰りやちょっとした空き時間でも脱毛できる。
個人差があるが痛みが少なく、冷やして行えばほとんど痛みを感じない。
『永久脱毛』ではなく『減毛』したい人におすすめ。

レーザー脱毛

メリット

レーザー脱毛は医療行為に当たるためそのパワーも光脱毛より強く、永久脱毛が可能。
医師が施術してくれるので万が一の時も安心できる。

デメリット

医療行為に当たるためクリニックでしか行っていない。
パワーが強いため、光脱毛よりも痛みを感じやすく、火傷のリスクも高い。

施術費用・期間

費用はクリニックによってばらつきがあり、7万~10万円ほど。
1.5か月~3か月ほどあけて約6回ほど照射が必要。
医療行為に当たるため、費用も光脱毛よりも割高になる場合も。

レーザー脱毛のおすすめポイント

少ない回数でしっかり脱毛できる。医療行為なので安心!
『減毛』ではなく『永久脱毛』が可能。

vio脱毛に放置はNG!自宅でのケアが大切です。

エステサロンやクリニックでvio脱毛を行った後、そのままの状態にしておくのは絶対にNG!
施術後のケアがvioの黒ずみを左右するといっても過言ではないんですよ。

ケアしないとどうなるの?

vio脱毛後の肌はとても敏感で、乾燥しがちです。
保湿をしっかりと行わないと、肌を乾燥から守ろうとメラニン色素が過剰に分泌されてしまい、新たな黒ずみができてしまうことも。
乾燥は肌の刺激になるだけでなく、乾燥による痒みで掻いてしまうことで肌が炎症を起こしてしまうこともあります。

vio脱毛後の自宅ケア方法は?

vio脱毛後は肌を清潔にすること・しっかりと保湿することがとても重要です。
肌に優しい無添加せっけんやクリームを使い日々ケアを続けるようにしましょう。
デリケートゾーンの黒ずみ用に製造されている黒ずみ専用せっけんやクリームも多く販売されているので、より黒ずみに重点をおいてケアしたい場合は専用のものを使ってみるのもおすすめです。

毎日のコツコツケアが3ヶ月後の肌を決めます

vio脱毛後は、毎日コツコツとケアすることで肌のコンデションが整い、肌の生まれ変わりサイクルも整ってきます。
肌の生まれ変わりサイクルが正常に行われると、肌の表面にある黒ずみも剥がれ落ちどんどん綺麗になります。
黒ずみの改善が目で見てわかるようになるまでには肌のターンオーバーを3回ほど迎える必要があります。
毎日コツコツケアを続けることが肌の黒ずみを改善するうえで、なにより大切なことなんですね。

-脱毛Menu

Copyright© デリケートゾーンの黒ずみクリームおすすめ10選!あなたはどれ派? , 2018 All Rights Reserved.